ブログ

アドバンスドエンリッチドエアーコースをPADIからリリース

水中で安全停止中バックガスからガススイッチし 40%を超えて100%酸素が使えるプログラムがPADIから、リリースされることが決まりました。

これはテクニカルダイビングではなく、リクリェーショナルダイビングの限界内で、ディステングティブ・スペシャルティコースとして開催できます。

そのコースとは:

PADIアドバンスド・エンリッチドエア・スペシャルティ(AEX)

となります。

このプログラムは、シングルシリンダーのバックマウントコンフィグレーションで開催可能で、安全停止時の酸素分圧は1.6を限界とし、効果的に体内残留窒素の洗い出しを図って、より減圧症リスクの低減を狙ったコースとして、2年の準備期間を経て、リクリェーショナルダイバー向けに、まさに満を持してのリリース!

AEXは既存テック団体に相談したものの、テック向けのプログラムは変えないとのことでしたので、自作プログラムとして準備していました。が、この度PADIが乗っかってくれました。

この教材であるインストラクターアウトラインの知識開発部分では、全国各地で減圧症対策セミナーの講師として著名な”ダイコンおじさん”こと「今村昭彦先生」に減圧症項目を執筆監修いただき、

酸素の扱いと運用に関する部分では、水中科学研究所代表でNPO法人潜水医学情報ネットワーク副理事、元DANトレーニングディレクターの「野澤徹先生」にご協力いただきました。

ここでは酸素のメリットデメリットなど様々なことが わかりやすく解説されています。

コース規準やスキル、またアドバンスド・エンリッチドエアコースの上位に位置するアドバンスド・ナイトロックスコースは、PADIの元エグザミナーでトライミックス・インストラクタートレーナーの「久保彰良氏」が全面監修し、同じく私も、プロデュースを行いテクニカル分野に関連するスキルも身につけやすく工夫されています。

 

このアドバンスド・エンリッチドエア・ダイバーコースは、身体へのマウントはできませんが、40%を超えるエンリッチドエアや酸素を 最大酸素分圧1.6以浅で、シリンダーをボートから吊るしたり、水底に固定して使用します。

知識開発セッションにはエグザムを含み、前評価はあるものの最少2ダイブで認定が可能です。

実習は最少一日でも可能ですので、窒素洗い出しの効果の恩恵を受けたい方や のちのテックダイバーコースに進みたい方へも登竜門的な位置づけとして 酸素を使い始めるにはよいのではないでしょうか。

ダイバーの参加前資格は:

1. PADIアドバンスド・オープンウォーターダイバー

2. PADIエンリッチドエア・スペシャルティダイバー

または上記2つに相当する他の団体の認定

3. PADIディープ・スペシャルティダイバーまたは18m以深の経験が10ダイブ以上の記録、もしくは上記に相当する他の団体の認定

4. その他下記のスペシャルティダイバー資格を推奨

・PADIエマージェンシーオキシジェン・プロバイダー

・PADIピークパフォーマンスボォイヤンシー・ダイバー

・PADIディレイドサーフェスマーカーブイ・ダイバー

5. 25ダイブ以上の経験でそのうちエンリッチドエアダイブが10回以上の記録

6. 15歳以上

のちに デコシリンダーを

マウントして使用できる今までのアドバンスドナイトロックスコースに進むこともスムーズに可能となっています。

また上記コースのインストラクターコースも同時リリースしますので資格整備もしやすいかと^^。

 

コースについては以下のショップまで お問い合わせください。

 

〒112-0015 東京都文京区目白台3-4-11GFビル3F DIR-TECH 担当久保彰良 TEL:03-6304-1131 Mobile:090-1559-9140  E-mail: akiyoshi.kubo@gmail.com

 

〒580-0015 大阪府松原市新堂1-348-3  ダイビングスクールなみよいくじら 担当関藤博史 TEL:072-333-8559 Mobile:090-8655-3236  E-mail: info@namiyoi.com

 

〒649-2211 和歌山県白浜町西牟婁郡白浜町臨海441 ビーチハウス ラハイナ (令和元年8月OPEN)

ブログ

ブルーオーシャンフェスのポスターでけた

関西のダイビング盛り上げようと

関西ダイビングの一員であるので

なみよいくじらも5/18-19の南港ATCでのブルーオーシャンフェス関西に  ブース出展します。

 

白浜のクラブハウス

 

そしてバックフロートBCやサイドマウント テックダイビング

新設されるPADIアドバンスドエンリッチドエアーコースなどの案内をいたします!

 

 

 

ブログ

IDCです

O塚家具ではなく

インストラクター開発コース略語のIDC。

いい感じにはばたいてくださいまし^_^

写真は ブリーフィングのプレゼンテーション中

ブログ

アドバンスドナイトロックスのち特訓希望

昨日今日とアドバンスドナイトロックスコースでした。

コースは無事終了しても 向上心あるFさんは もうちょいスキル上げたいということで

より精度を高めたスキルを目指して 特訓のご希望 w

ビデオ撮ってトリム角度  フィンキック各種 ベーシック5など あれこれスキルトレーニング。

チームプレイの大事さも感じつつ チームメンバーの深度維持にも注意を払い サポートし合うこともできるようになりました(^^)

課題もありつつ 自主練もされつつ 来月もまた「特訓」のリクエスト(^^)

次はフィンのしなりも感じながらの推進法もやったりして楽しみましょーか(^^)

今日は

ショウガセ  40m

ミサチ 35m ブラックトンネル通過

鹿島で特訓

でした(^^)

酸素吸って窒素洗い出しするからNDL内で できるこの計画w

安全停止時に酸素にスイッチして シックスアップ♪

知識もスキルも身についていい感じでしょうか

写真は チームとして安心できるプラットホームw

また次回もよろしくお願いします(^^)

ブログ

アドバンスドナイトロックスコース

アドバンスドナイトロックスコースのレクチャーでした。

計算もあれこれあり  アナログでの計画もありますが 根本的なリスクをご理解いただければ アプリでサクッとプランもできちゃう「アドバンスドダイブプラン」

いままで 考えなかったリスクをはっきりさせての計画ですので 目から鱗の方も多いこのコース。

一歩進んだダイビングができます♪目的は 減圧症予防の為の窒素の洗い出し

加速減圧で体内の窒素の排出を高めます。

昨日はその理論  そのための約束ごとの最終エグザムも行い クリア!

今日から 実習です♪

 

ブログ

トライミックスでカバーンダイバーコースの巻!?

令和初のテック系コースはカバーンダイバーコースでした。

受講者全員がテックダイバーだったことと 前回潜ったトライミックスの残りガスがあったので 捨てるのはもったいないので!(ヘリウム高いし!笑) それに継ぎ足す形で 酸素足したりして トライミックスを作ってそれを使ってのカバーンダイバーコースでしたw

体験トライミックス込みのカバーンダイバーコースですね^_^

まずは 久米島を目指すことで

   (さらに…)

ブログ

令和! 新しい時代!ワクワク!

令和になりました!皆さま 令和時代もどうぞよろしくお願いいたします。

 

令和初日!

なみよいは大賑わい!

ありがとうございます!

せきちゅうは 器材選びのお手伝いのち カバーンダイバーコースです(^^)

生徒は 全員インストラクター&テックダイバー!

 

明日からの実習は面白いコースになりそうです(^^)

Kさんは トライミックス体験も含んでw

 

お店, たわごと, スタッフ, テック, 器材

圧力10倍=90mに潜るの巻

4月中旬の他文化テックのお勉強のち、そのまま大瀬崎に残り トライミックスで潜ろーと計画した。

4/13-14の2日間のうちの初は、

翌日のビッグダイブの予行演習。

バックマウントダブル EAN28
ステージボトルEAN32
デコボトルEAN50
デコボトル 酸素
アルゴン
の計6本のシリンダーを使うのと

あたらしいおもちゃ スクーターを使うのでご機嫌です。

日々進化するテクニカルダイビングの器材やスキルなど、最新情報などは取りいれないといかん ということで

PADIコースディレクターの大先輩でもあり 先日もGUEの最新のフルトライミックススキルも含めたアップデートをされてきたアムテックの久保氏に 教えいただくことで実現できた。感謝です。スクーターもお借りして♪

 

 

うふふふ 超楽しい^^

 

夜は翌日のダイビングのプランニングとともに

 

計画中のプロジェクトミーティングも行った。

テクニカルレックインストラクターコースでも一緒だったO氏も来ていただいて♪

翌日は 90mに潜った。

場所は大瀬崎の「先端」。

ボトムガスはTRX10/64

酸素は10%  ヘリウムは64%  残りは窒素のトライミックス

これだと 麻酔作用がある酸素と窒素の合計比率が36%なので .36×10でも 3.6だから 90mに潜っても麻酔作用深度は26m相当なんで 酔っ払うこともない。

しかし酸素が少ないのでこのガスは水面および水面近くでは吸えない。酸素が足らず酸欠になる。

 

だから水面から吸うガスはTRX18/35を使った。

これで10mも行けば酸素分圧は0.36になる。 分子量は意識を保つのには0.15-16あればいけるので 十分にたりる。

この18/35は水面から10mまで降りるときの「旅」に使うので 「トラベルガス」と呼ぶ。

そしてそのガスは 浮上時の「減圧ガス」にも変わる。

減圧ガスは ほかに EAN50と 100%O2も使った。

またドライスーツの中に バックガスのヘリウムが入ったトライミックスを入れると 「寒い」のと 他にも問題があるので ドライスーツへの供給用に別のガスを準備した。BCの隅っこに小さいタンクを配置して  今回はそれに空気を入れた。

 

大瀬名物?台車に載せて移動。

これで一人分だからなかなか準備が大変だ。

朝からガス分析からセッティング ちょっとトラブルもあったり その他準備しても 結局エントリーは昼過ぎになった。お腹すいたw

カメラは100m対応のハウジングがないので 浅場でパチリ。

 

まだ明るいが スクーターでドドドーっと降りると徐々に暗くなって

90mはまっくら。 見たことないハゼもいるしw

いやーおもしろい!

ダイビングはバディが大事。マメなコンタクトをとって

ホントに面白かった。

10気圧だから 残圧計見てもものすご早く減るしw

ちょっとレギがフローしたりして(水中で直したけどw)

ミニマムガスをきちんと計算して 無事最初の減圧地点57mに戻り

のちにたくさんの減圧を行い、減圧ガスもチェンジして、無事に水面に。

ボトムは12分で到達し 浮上には 結果1時間かけて水面。

減圧中 もし吹き上がったら終了だなーなんて 思いながら ワクワクしてる自分がいた(笑)

ということで トライミックスダイビング

おもしろい^^

まーきちんと潜ればどうってことないので

ぜひ皆様もお気軽に!?(笑)

(いや、きちんとトレーニングは受けてもらわねばですけれどもw)

片付けしたら16時近く。

昼メシ食うとこ無くなった大瀬崎を後にして帰路に着いた。。

帰りの大阪行きの車では 体がだるい?気がしたので 念のため 酸素吸いながら帰りました。ネンノタメ ね^^

ご心配なく。まったく元気です。

いやー ただただ面白い。面白かった。

 

さ、また潜ろ♪  バディ募集!♪  ?www

 

 

 

お店, たわごと, スタッフ, 集まり

地鎮祭でした。海沿いに建てます!

一昨日の4/18には天皇陛下が退位の報告に 伊勢神宮に行かれたとのこと。やっぱり日本は神の国。

なみよいもやっぱり日本にいますので^^ 日本のしきたりに!ということで!

 

昨日は大安吉日。

それに合わせて神事ごとやってました。

地鎮祭。

神様にご報告し そして 土地を触るお許しをいただきましたので.

皆さまへもご報告させていただきます。

念願だった  海沿いでクラブハウスを 建てることになりました。 宿泊もできます。

(イメージ図から随分仕様は変わる予定です)

場所は 和歌山県白浜の臨海で 目の前がビーチです。

夏完成予定です。

 

海をさらにお楽しみいただけるように

その時を少しでも楽しく癒せる時間を過ごしていただけるような空間にしたい 、また
少しでも 白浜の魅力発信をしていきたいと思っています!

 

お世話になる海!施設前のビーチの清掃も地鎮祭前にやってきました。

 

えっほえっほ

熊手でかきかき

偶然!町役場の方も たまたま掃除に来てくれて 集めたゴミを速攻で持って帰ってくれました。助かりましたー(^^)

 

で ビーチはピカピカに!

磯もあるので 磯遊びもできます(^^)

 

昨夜は愛するスタッフ達と 神様へのお供え物をいただきました。

めでたい やから  タイw

これは神様との会席?だそうで すごく嬉しくて楽しい時間を過ごせました。

でも具体的な中身はまだまだこれから構築していかないとあきません 皆さまのたくさんのご意見 ご指導 お力が必要です。お力添えのほど どうぞよろしくお願いいたしますm(_ _)m

お店, テック

ストイックなそれ!?

学科でお勉強して

潜って

あとで潜ってる自分のビデオ見て評価

ひたすらそれ。

フィンキック

トリム

中性浮力

バルブドリル

Sドリル

潜降 浮上ドリル

チーム

減圧プラン

テックでは当たり前のことだけど

既存にはなかったスキル評価やプランニングがある。

へー  ほー  はー

面白いやん  自分だけでは気づかないことも他のトレーナーに見てもらうと 今さらながらも ハッとすることも多い。

日々勉強やなーと 改めて思った。

コンフィグも改めて細かく 修正したり。

サイドマウントスタイルで得たコンフィグとも違ったりで やっぱりテックはいろいろな文化?習慣?があるなーと 改めて思った。

今回の修行の旅は 前半と後半に分かれており

前半修行最終日は海での最終ダイブと 午後は プールでテストだった。

泳がされ?いえいえ 泳がせていただきましてw
閉塞潜水15m(だけど意地はって25mやったw)と300mスイム。


超久々でしたが 難なく?はーはーいいながらもw クリアできまして

GUEダイバーの仲間入りを果たしました♪

GUEでは 他団体のインストラクターであってもトレーナーであっても

テックダイビングの基礎コースから受けなければならない。

 

でそこには リクレーショナルパスと難易度の高いテックパスがあるが テックパス(あんたはテックコースに進んでもいいよという基準)はクリアできた。

もしクリアできんかったら自殺もんでしたが笑

でも 楽しかった!
様々なスキルが洗練されて トレーニングにうまく融合してスキルアップにつなげていて めちゃ勉強なりました。他文化も勉強しよー思って行ったけど その文化そのものを気に入ってしまいましたw

まずは 学んだことうまく活用して ちょっとでもいい講習できたらと思います(^^)

そして 後半の修行に続くのだった。